サイトマップ
オールハンド痩身エステティックサロン ボディデザインスタジオ・シー・ピー・アイ|東京都新宿区市谷

13. for Maternity・・・
マタニティブライダル・産前&産後にも

キレイ+安心。妊娠・出産・産後の大切な時期にママと赤ちゃんを応援!


マタニティブライダル

二重の喜びの中でのブライダル。

なんてステキなんでしょう!
そんな方には、ママとしての責任と嬉しさを安心の技術で包み込みながら、花嫁さんとしての美しさをしっかり身につけて頂くメニューをご提案します。

ブライダルの準備を進めながらも、
妊婦さんのお体は刻々と変化してきます。
お衣装合わせでも、お胸もお腹もどんどん大きくなって、腕も太くなっていくといった悩みをお持ちになられますが、

ご安心ください。

ちゃんとドレスがお似合いの花嫁さんになって頂けます。
赤ちゃんが20週を越えて、お医者さまの許可を得て頂いてから
ドレナージュ体感コースにお越しくださいませ。

≫マタニティブライダル体験記

妊娠から出産まで

ママも赤ちゃんも元気で産みたい!を応援します。

≪その1.赤ちゃんが欲しいを応援します≫

CPIでは「赤ちゃんが欲しい」のお手伝いをしています。赤ちゃんができにくい原因が器質から(卵巣閉塞など)ではなく、機能的(例:冷え症など)な場合は、「体の中から元気にしてきれいを作り上げる」技術で、赤ちゃんのできやすいおからだ環境へと導きます。

赤ちゃんのできにくい原因はさまざま。
もともとの体質、消化器系が弱い、太っていて冷える、貧血気味、ストレスがある他、環境などにも影響されます。

実際には体温が不安定で排卵が不定期、卵が十分育たない、
着床せず流産を繰り返すなどという状態になってしまいます。

体の中から元気にする」という技術は、
CPIが取り入れているイグジン・バランスの手法で
東洋医学(中医学)と 西洋医学と 美容学 を融合したものです。
一人ひとりことなる原因から弁証論治を取り入れ(問題のタイプ分けをし、解決方針をたてる)補腎に肝脾の調整(腎の臓の働きを正常にし、血液に関る肝の臓や消化に関る脾の臓の健康バランスを整える)をします。

さらに骨盤や脊椎、腹部背部の筋骨格の調整も行います。
腎・肝・脾のバランスがよくなると、全身の働きがアップし、結果、子宮・卵巣環境がよくなり、赤ちゃんのできやすい環境が整って行きます。

CPIのアロマオイルトリートメントには全身のバランスを整え、婦人科に有効な経絡・ツボを効果的に刺激していく施術法があります。
血流を促しながら骨盤の位置も整えていき、ホメオスタシスを高めます。

ちょっと少し難しい話ですが、ここでCPIの施術でどんな方にもキレイ&元気になっていただける理由の基本となる考え方をご紹介します。

東洋医学(中医学)に《治病求本 ちびょうきゅうほん》という言葉があります。直訳は「病を治すには本を求む」です。

ここはエステなので「病」というより「きれいにならないのは」なのでしょうが、意味は、病気を治すためには、必ず病気の本質となるものを探らなければならない。です。

例えば、貧血気味のひとの便秘を治すには
便秘をおこす「本質となる貧血(例:血虚証)」を改善することがポイントとなります。
血が増えれば、血の持つ滋潤作用(うるおい)作用で
腸壁が潤い、便がスムーズに動き、便秘が解消します。

「下半身が太くて足も冷える」とい美容面でお悩みの方も「赤ちゃんがなかなかできなくて」とお悩みに方も問題の本質を探ることで、解決の道が開ける点は同じなのです。

本質(CPIでは原因という)を見極めて、それを取り除く手順(治則)を決める
・・・この考えで結果が出るのです!

まずは、体温表ご持参で、ドレナージュ体感コースにお越しくださいませ。

ご相談はご体験時に承ります。

≫赤ちゃんができたお客様の体験記…「不妊で悩んでいたとき、偶然CPIに。エステと赤ちゃん作りの問題とは結び付かなかったので」

≪その2.太ったまま妊娠してしまった!≫

妊娠して必要以上に太ってしまった!
順調だけれど腰や膝がいたい!

「妊娠と太る」の関係は、健康面・美容面で大きく影響します。

太っているママは、お医者さまに「痩せなさい」といわれますよね。
妊娠中のお体は、ママと赤ちゃんの二人分働くわけですが、栄養を取らなければなりませんから、その分お腹もすきます。

ついつい食べすぎてしまうのもある意味しかたのないことですが、代謝で不要になったものを排泄する分も増えるわけですから腎臓にも負担がかかってきます。

傾向として、太りすぎのお体になれば妊娠中毒症を招き、浮腫んでしまうこともあります。
また、甘いものを食べすぎて妊娠糖尿病になってしまうこともあります。早産、流産、巨大児にならないためにも妊娠中の体重管理を上手にして、ママも赤ちゃんも元気に出産を迎えましょう。

また、美容面でいえば、お腹のはりに伴って妊娠線が濃くなり、産後気になることのないように、クリームやオイルなどでマッサージしておくのは大切なことです。

CPIではそんな妊婦さんのお悩みにお応えする施術を行っています。 赤ちゃんが20週を越えて、お医者さまの許可を得て頂いてから ドレナージュ体感コースにお越しくださいませ

≫妊娠中のお客様体験記はこちら

産後のボディメンテナンスで良好授乳
〜キレイ体型まで

まずは赤ちゃんとママの出会いに、拍手。パチパチ!!
おめでとうございま〜す!
家族が増えて、ママの一日はますます忙しくなられますが、子育てから生まれる楽しさは喜びもひとしおですね!

さて、喜びの最中にもお体の悩みはいろいろでてきます。
例えば、母乳が出にくいから、出産で太り過ぎてしまったお体を元に戻したい・・・にいたるまで。

赤ちゃんにママのお乳をたっぷりあげたい!
そんなママの愛情も母乳が出にくいとつらいものがありますよね。

母乳について東洋医学(中医学)から考えてみましょう。

出産は体力を消耗します。
この時に元気のバランスを整えている気・血・精が消耗しますが、消耗が大きいと気・血を作る消化器系や精に関係する婦人科系に エネルギーが不足しお乳がでにくくなってしまうこととなります。

そこで、経絡でいうと
消化器系→乳汁の生成分泌を行う脾胃経
婦人科系→太衝脈を形成する腎経
乳房の通暢をはかる肝経
の働きをアップして 体内バランスを整えていくと、お乳がスムースに出てくるようになります。

CPIはこのような東洋医学の考えも活かしている施術法(イグジン・バランス)を採用しています。

ボディデザインワークにナチュラルに組み込まれているので、スタイリングしながら、癒され元気になって頂きます。
結果、お乳の出にも良い影響があると思ってください!

また、スタイリングの面からいえば、
たるみの出たお腹にはコラーゲンの働きをアップさせ張りを出していき、丸くなったお背中は骨盤調整を図りながら背筋の伸びたきれいお背中に変えていきます。

アロマオイルを使用しますが、授乳の時期でも問題のないエッセンシャルオイル使用しますので、ご安心ください。

肝班は女性ホルモンのうちプロゲステロンの影響を受け、妊娠・出産時、30〜40歳代に両頬上部左右対称にうっすらと赤く出るといわれているシミです。

肝班には現在のところビタミンC誘導体 の導入が皮膚美容で安心・有効とされています。
CPIのフェイシャル技術で、ビタミンCを真皮まで浸透させ肝班の赤みを除々に抑えていきます。
西洋医学的に肝班は、肝臓と直接関係がないとされています。

しかし、東洋医学的に考えると「肝の臓」とはおおいに関係してきます (注:西洋医学の肝臓と東洋医学の肝の臓は定義がことなります)。
少し不思議な感じがすると思いますが、東洋医学面からの考え方をご紹介します。

子宮や卵巣といった女性特有の臓器のはたらきを司る根本(西洋医学的に言うと女性ホルモンによる作用)
天癸(てんき)のはたらきであり、
これを生産するエネルギーを「腎気」といいます。
さらに「腎精」も生殖面で女性特有のはたらきをします。

これらのような腎のはたらきは、生まれながらにして持っているものに、生命維持のメカニズムの一つである肝血をもって順次補充して腎精におき換えていく形をとります。
これを「肝腎同源」といい、腎と源を同じにする肝血で腎の力を補充していくことができます。

このようなことから、腎経と肝経のバランスを調整していくことでシミも薄くなっていくと考えます。

美容のテクニック・西洋医学そして東洋医学が融合したボディトリートメントを行いますので、 ダイレクトでありながらナチュラルに細胞に働きかけ、キレイなお体に戻していきます。
≫産後のお客様体験記はこちら
お一人おひとりに、個性があるようにお悩みの原因にも個性があります。 CPIのセラピストはお悩みの原因を全身のバランスとその関連性から探ります。 足裏の接地面からは重心の位置を、左右の脚長差からは骨盤の歪みを、関節の動きから筋の状態を、姿勢や歩行からからだの捻れや圧迫を・・・ 原因をホリスティック(全人的)に分析し、お悩み解消から想いの実現に向けて日常の過ごし方から食生活まで専門性持ったスタッフがしっかりサポートいたします。CPIではビューティリテラシーを展開し、ご自身のおからだをよく知っていただく事で、より効果的な運動法・食事法・歩き方など、簡単に続けられるストレッチや日常面での工夫などをご指導させていただいております。 またサロン主催の講習会などご利用いただき、美容・健康の知識を深めていただけます。
Techenique&Produced by Exin-balance